トップページ > サービス案内 > 日本語ドメインについて

日本語ドメインについて

2008年2月13日にマイクロソフト社が待望のインターネットエクスプローラー(以下IE)7.0のアップデートが開始されました。

既に一年前から発表されたウインドウズビスタには日本語ドメインで取得されてるサイトのURLが日本語に表示されておりますが、OSのシェアが6割以上を占めていると言われるウインドウズのXP以下の環境では、 プラグインソフトをダウンロードしていない限りURLの日本語表記が出来ないこともあって、2001年から日本語ドメインの受付けが開始されていたにも関わらず、日本語ドメインがなかなか認知されるには至りませんでした。

しかしIE7.0のアップデート開始によって日本語ドメインの注目が集まりだしております。当社は日本語ドメインもインターネット上において、現実の世界で例えると土地のようなものであると考えております。 何故ならば土地があってその上に建築物が立ち、その建築物に人が住み、または働く場所として人が集まるものとして機能しておりますが、 その建築物も図面をひく設計図から始まり、施工主に引き渡されるまでの間にはそれぞれのプロフェッショナル達が手を合わせてひとつの建築物が完成されるのです。

現実とインターネットとの世界では違いはありますが、個人のホームページ、お店や企業のホームページやサイト、 それに関係する様々な業種のサイトが立ち並ぶ現在において、インターネット上に公開された後までのプロセスは、現実の世界に建つ建築物と変わらなくなってきております。

インターネット上の世界では、個々が凌ぎを削ってキーワード検索結果の上位に持ってゆく為のSEO対策にも限界があり、 今日に至っては検索上位に上がるだけが全てでは無いとお考えになられる会社様も増えてきております。

しかしながら、キーワード検索結果の一覧に入る殆どのサイトが未だアルファベット文字のドメインばかりで、日本語ドメインのサイトは余り見掛けないのが実情です。

そこで当社は検索キーワードとなりやすい言葉を研究し、事業を営んでいらっしゃる事業者に向いたの日本語ドメインを数多く保有しております。 多くの業種においてインターネット上におけるキーワード検索はもはや当たり前となってきておりますので、将来の展望を見据えた日本語ドメインという更地の状態から始めるサイトの再構築を提案致します。

  • ウェブサイト完成までの流れ
  • 事業者向けのウェブサイト制作