トップページ > サービス案内 > サイトを見ていただく方への使い易さの追求

サイトを見ていただく方への使い易さの追求

サイトを見てくださるお客様が不要にストレスを感じさせずに快適に利用し、お客様が求めてる情報を滞りなく取得できる使い勝手に優れたウェブサイトは、緻密で論理的な設計プロセスが欠かせません。

ウェブサイトの設計プロセスには目的の明確化、ターゲットユーザーの設定、戦略立案、コンテンツ企画を初めとする情報の構造化や分類、 お客様を誘導しやすいサイト構造、サイト内の移動がしやすいナビゲーション構造の設計など、多くの工程を必要としますが、 これらプロセスを経ずにお客様への使い勝手の配慮が不足した状態で制作されたウェブサイトは、サイトを見ていただくお客様への利便性を著しく低下させ、目標と定める成約率(コンバージョン率)、 リピート率の低下を招くだけでなく、企業のブランドイメージにも悪影響を与える可能性があることを考えれば、その重要度は明白です。

サイトを設計するうえで大事なことは情報の構造を定義し、情報を分かりやすく伝え、お客様が必要としている情報の見つけやすさ、「ファインダビリティ」を向上させることで お客様の情報取得をスムーズにし、お客様とウェブサイト運営者双方にとって本来の目的を滞りなく達成するための設計、表現技術です。 依頼主様とサイトを見ていただくお客様の意思疎通を図れるサイト設計が成功に大きく影響を与えます。

加えて重要になるのが「ユーザー中心」のウェブサイト設計という考え方です。常にユーザー中心の視点でウェブサイト設計を行うことでユーザビリティを高め、さらに利用者がウェブサイトを使用することに楽しさや喜びを感じて頂けるレベルまでを意識したユーザー・エクスペリエンス重視のウェブサイトは、 コンバージョン率、リピート率の向上を実現し、ブランド価値を高め、最終的な目的達成へのスピードを加速させます。 これら設計プロセスを担当するディレクターには、情報アーキテクチャに関する高度な知識、経験、及びユーザーの視点に立った思考力が求められます。 デジパでは年間80件を超える制作実績を通して豊富な経験を有するディレクターによりユーザー中心のウェブサイト設計を実践し、デザイナー、マークアップエンジニアを含めたプロジェクトメンバー全員が、豊かなユーザー・エクスペリエンスをもたらすウェブサイトの制作をご提供することに力を注いでいます。

  • ウェブシステム開発
  • ページデザインへの配慮